私的「奥能登国際芸術祭2020+」報告

奥能登国際芸術祭2020+さいはての街・珠洲

 コロナ禍のため,一年遅れで開催された「奥能登国際芸術祭2020+」(2021年9月4日~10月24日,11月まで延長に)。奥能登と銘打っていますが,作品展示会場はすべて珠洲市内です。『広報すず』(2022年5月号)によると,全期間の来場者数は4万8973名でした(コロナ禍のために前回よりは少なかったと思われる)。珠洲市の人口が1万3000人足らずであることを考えると,十分な入場者だったんだろうと思います。

 芸術の世界はよく分からないのですが,こういう現代アートっぽいものはもともと好き。わたしは(神さんと),のべ4日間ほどかけて,すべての作品を見て体験してきました。そこで,自分の備忘録を兼ねて,私的芸術祭報告を書いてみたいと思います。一応,わたしのお気に入り順で紹介しますね(お気に入りといっても,それはベスト8くらいまでです。それ以降は,順不同って感じです。少しずつ追加していきます。ときどき覗いてみてください)。
 なお下記報告記の中にある色文字は,芸術祭後に発行された『地産地消文化情報誌・能登№45』(2021年秋号)より引用した文章です。

芸術祭のパスポート

第1位 02.スズ・シアター・ミュージアム「光の方舟」

 主催者側が,今回の芸術祭で一番力を入れていた場所らしいです。何人もの芸術家や珠洲市民が関わっています。
珠洲市内の家々の蔵や納屋などで使われずにしまわれていた民具や日常生活の品々を「大蔵ざらえ」として収集(約1500点)。それらが今,8組のアーティストによって現代アートの作品として蘇り,…(中略)…「世界で初めての劇場型民俗博物館」として生まれ変わった。(p.10)
 第一回目(9月6日)の見学で真っ先に行きました。9月当初,石川県内でもマンボウが出されていたので,建物の中で見ることのできる作品は,この作品くらいでした。
 中では,定期的に光と音の映像が流れます。結構長い上映時間です。知らないで,これを見ないで出ていく人もいたらしいです。1時間くらい待っているとちゃんとやってくれるのでじっくりとご覧下さい。
 これは,今後,連休などの期間に公開するそうですので,珠洲市のHPで確認してください。
 とにかく,見所いっぱいで,いろんなことを考えさせられる展示でした。

中にある大川友希さんの作品
小さな部屋にも,素敵な作品が。

第2位 44.黒い雲の家

 上黒丸地区にある古い大きなおうちの玄関に入った途端に,黒いチョウチョが一面に飛んでいて,とても迫力がありました。およそ3万匹のチョウチョが用意されたそうです。
 座敷には,お祭り用の輪島塗の赤御膳が並べられているのですが,なぜか床の間には「南無阿弥陀仏」の掛け軸が。
 戸を開け放つと,これだけ広い空間が取れるようにつくられた家のつくりも懐かしい。
作者のカルロス・アラモレスさんは,自分の祖母を亡くして以来,葬送として,この「黒い雲」と名付けたインスタレーションのシリーズを各地で展開してきた。(p.74)
 人の住まなくなったこの家の中の蝶。あなたは何を感じますか? (蝶は土間も4つの部屋も廊下にも飛んでいます。写真はその中の一部屋のみ) 

第3位 03.息づかい

 外浦海岸に設置された大きな鏡。とってもきれいな鏡なので,そこに映っている景色を見ていると「鏡像」だということを忘れそう。陸を見ながらも海の様子も見えるという不思議な体験ができる。
 駐車場からこの海岸に来るまでの間に,もうひとつ小屋を作品にしたものもあった(下左の写真)。
鏡を「存在を概念的にとらえるツール」とするキムスージャさんは,長年,鏡面を素材にしたインスタレーションを発表している。…中略…タイトルの「息づかい」は,海の,自然環境の,地球の,宇宙空間の「息づかい」か。(p.16)
 いろいろな角度から鏡を見てみたくなる作品。日没の時間に来てみるのもいいかもしれない。これって,芸術祭終了後も設置してあるのかな。

神さんとツーショット。後ろにもいるけど。

第4位 07.クジラ伝説遺跡

 上で紹介したキムスージャさんの作品(№3の息づかい)の近くに「巨鯨魚介類慰霊碑」という変わった慰霊碑が立っています(下左の写真)。この碑は文字通りクジラを祀っているのですが,それくらい,この外浦のあたりには「クジラ伝説」が残っているということです(慰霊碑にも書いてあった)。
 その伝説にヒントを得て,台湾のトゥ・ウェイチェンさんは,元小学校の運動場にクジラの全体骨格の化石が出た!という発想で作品を作りました。個人的に,こういう発掘ものは好きなので,これを第5位にしました。外で展示してあるからこそのリアル感がよかったです。
作者は考古学的発掘と現代生活を融合する作品や現代的な道具をあしらった架空の遺物の作品などで,時間の概念を問う。(p.19)

まるで本当の化石発掘現場

第5位 12.記憶への回廊

 前回の芸術祭でも使われた元小泊保育所の壁や天井や廊下を青色で下地を塗り,そこに白色で迷路を作っています。異空間に迷い込んだ気分になります。突き当たりの部屋には,塩でできた天国への階段のようなものが作られていて,途中,なにかの影響でその階段は壊れています。この塩の階段は,厚さ30センチの塩のブロックで作られているそうです。
頂上部分には,今年9歳になった娘さんが珠洲の塩田で体験制作した塩が盛られている。…(中略)…(山本さんは)若くして亡くなった妹さんの葬式で,浄めの塩を目にし,塩を用いたインスタレーションを思いついたという。(p.29)

使用された塩は7トン

第6位 43.チームKAMIKURO

 前回も会場となった旧上黒丸小中学校の体育館と横にある運動場(校庭?)には,いろいろな作品が展示されていました。ユニークなビデオも流れていましたが,全部を見ることはできませんでした。
前回の奥能登国際芸術祭(2017年)でそれぞれ作品を制作した中瀬康志さん(美術家),竹川大介さん(文化人類学者),坂巻正美さん(彫刻家)が今回はメンバーを増やし,「チームKAMIKURO」として参加した。彼らは2012年から珠洲市若山エリアで最も山手に位置する上黒丸地域に注目し,ここを拠点に継続的に活動している。地域に埋もれている「人」や「モノ」,「コト」を美術的な視点で掘り起こし,近代化によって希薄になってしまった里山と里海の不可欠な関係を,山から再考することを試みてきた。(p.71)

学校に眠っていたいろいろなモノ

第7位 39.ディラン・カク

 子どもたちにも,若い女性にも人気のあった作品がです。中に空気の入った透明な置物のサルのような動物が,一生懸命タブレットの画面を見つめています。座っているのは,昔,鉄道のホームだったところ。差し詰め,スマホに夢中の新人類か。
 実際に行ってみて分かりましたが,60を超えたおっさんをして,確かに横で記念写真を撮りたくなる作品でした。

第8位 01.時を運ぶ船(2017)

 この塩田千春さんの作品は,前回の奥能登国際芸術祭2017の時のものの再公開です。前回でも,自分なかでは上位に挙げた作品です。今回,実は,もう寄らなくていいかなと思ったのですが(何せ,同じ市内でも家から一番遠い),パスポートもあることなので,一番最後(11月1日)にやっぱり行ってみることにしました。それくらい惹きつけられる作品です。
 この船は塩田用の砂を運んでいた船です。作家の方のお名前が「しおださん」で「塩田」と書くんですよね。
珠洲を象徴する「揚浜式塩田」に自らのルーツとの関わりを感じた塩田千春さんは,戦争中も塩づくりを続け,戦後,塩づくりを守り続けることを決意した角花菊太郎さん(1919-2004)のエピソードをもとに,この作品を制作したという。(p.9)

血管を表すような無数の赤い糸が圧巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました