研究は読書から

研究は読書から研究は読書から

仮説実験授業を学ぶための本

itakura

板倉聖宣 著作一覧

研究は読書から

伊丹万作「演技指導論草案」を読む

尾形正宏 その1(2011/02/18記)  わたしは,2011年1月20日のブログで以下のように本書のことを紹介しました。 雑誌『教育』(国土社)を読んでいたら,二ヶ月連続で「山田洋次さんと田中孝彦さんの対談」のことが...
研究は読書から

教育の原点が見えてくる…『ドラゴン桜』の台詞

『下流社会』に刺激されて  ベストセラー三浦展著『下流社会』(集英社新書)を読んでいて紹介されていた『ドラゴン桜』を読んでみたくて,サークルでお願いしたところ,Hさんの弟さん(弟さんは私の同級生です)が持っていらっしゃるとのこと。そ...
研究は読書から

ナイチンゲール著『看護覚え書』から教師の姿勢を学ぶ

 フロレンス・ナイチンゲール著『看護覚え書』(現代社,2000,299ぺ,1700円)という本。本書は1860年に書かれたもので,その目的をナイチンゲールは以下のように述べています。 この覚え書きは,看護の考え方の法則を述べて看護婦が自...
研究は読書から

『教科の論理と心理・理科編』(1968)より抜粋

以下の抜粋は、石川県教育研究集会理科分科会で共同研究者として参加したときに配付した資料である。もうずいぶん前の著書にもかかわらず,未だ,日本の理科教育界には本書の指摘が有効である。理科教育ではなく科学教育をしていきたいものである。 ...
研究は読書から

『統計でウソをつく方』(ダレル・ハフ著)

「グラフ化するときには,よほど注意をしないとウソの情報・極端な情報を伝えてしまうことがある」-ということは,仮説実験授業研究会の仲間でもよく話題になってきました。 そこで,自分なりの方法で「グラフを書き直す」ということは,いろいろな情報を...
研究は読書から

「ハンセン病問題」を学ぶために

 この1月から,とりつかれたようにハンセン病の本を読みまくっています(2008年のこと)。 ハンセン病については,何も知らなかったわけではありません。というか,もともと社会問題に興味がある方なので,けっこう知っていました。では,なぜ突然。...
研究は読書から

靖国神社関連図書・ビデオ

 2005年夏,戦後60周年ということなのか,あるいは,小泉首相の行動や憲法「改正」の動きがあるからなのか,はたまた「新しい歴史教科書」の問題が大きいからなのか知りませんが,テレビ番組や出版物で,戦争の話がずいぶんと取り上げられていま...
研究は読書から

《世界の国旗》を深く学ぶために

やっぱりまずは,授業書《世界の国旗》とフラッグス! 授業書《世界の国旗》 「総合的な学習」や「6年社会科」の授業にぴったり。特にオリンピックの年には,必ず授業をしてきました。塗り絵をしながら授業を進めます。1人でも...
タイトルとURLをコピーしました